2006年08月16日

仏人はデモやストがお好き & ノートルダム寺院のステンドグラス

  今日は4月4日で学生デモと労働者のスト予告日である。例の政府が打ち出した雇用政策に反発しての行動だ。
そして予告どおりパリでも決行されたようだ。メトロなどの鉄道は本数が半分程度、学生デモも中心部で行われた。そのもようは日本でも報じられたようで、安否を問うメールがケータイに入った。

 大きな混乱は午前中だけのようで、その日の午後メトロで出かけたときはほとぼりがさめていた。
だが、その影響で・・・・閉まっていた・・・・・せっかく行ったのに・・・・・一番楽しみにしていたのに・・・・。
それは、オルセー美術館。ルーブルよりもこちらのほうにインスピレーションをいただく予定だったが、行ってみると「抗議行動のため閉館します」と英語でも張り紙がしてあった。
あしたはもうミュンヘンへ向かう。「またパリに来なさいということやね」ということにした。

 オルセーの脇を通って川沿いにノートルダム寺院に向かう。そういえばパリに来て初めてセーヌ川を見た。向こう岸にはルーブル美術館の威容。川面を行きかう遊覧船が”芸術の橋”をくぐる。いやあいい眺めだ。

 ノートルダム寺院ではバッハのトッカータを聞けたが、あの有名なパイプオルガンの実演かどうかは判断できなかった(音量が小さかったので録音BGMかも知れない)。
ビデオカメラで遠くのステンドグラスをズームして見るとどれもこれも非常に凝っていて素晴らしい。あんなに高いところにうまく納めたことも含めて見事な作品だった。

 ステンドグラスといえば、「サント・シャペル」が最も有名。シテ島にあるのでこの近くだ。ちょっと入り口がややこしかったがようやく見つけた。だが・・・残念なことにここもきょうは「抗議行動のため閉館」だった。
これまた、「次回のお楽しみやね」という会話をしながら、しょうがないのでカフェでビール休憩することにした。


   
 
posted by nara_craftm at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22423687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。