2006年08月16日

郵便局からの日本発送はお得

 例の塗料屋さんで買ったニスやニカワ類はかさばるうえに重い。そう、スーツケースの重さが20Kgを越えると高〜い超過料金をとられる。
この状況は全員同じなので日本へ発送することにした。

 パリにも日本の宅配会社があるがそれよりフランス版「ゆうパック」がお得ということを松村さんがご存知だった。まず郵便局に行ってパッキンケースを買う。50ユーロ(より安かったかも?忘れました...)ほどでいちばん大きな箱を買う。A3大程度の大きさで深さは20cmぐらい。これで少なくとも7KgまでOK(それ以上は郵便局員の裁量による)。箱は組み立て式で封印用の両面テープも貼ってある。これにニスやら洗濯物やらをいっぱい詰め込んでまた郵便局へ。送り先の住所や内容物を所定の用紙に書けばそれでおしまい。
ちなみにワイン専用のケースもある。フランスらしい。

 【後日談】 
  帰国後すぐに日本の郵便局から無事宅配されてきた。ちょっと感心した。なおパッキンケースは開けた形跡がなかった。ということは、、、、



 
posted by nara_craftm at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。