2006年08月16日

パリの塗料屋さんでニスを買う

 パリ南東部にちょっとした木工の町がある。塗料屋さんも何軒かみかけた。
我々が松村さんに連れて行かれたのは「Specialites pour Ebenistes」というお店。木質用の塗料なら家の内外装用から家具、バイオリンやギター用まで何でもある。日本ではまず見かけない。塗料だけではなく英語で言うところの”Finishing(仕上げ工程)”用の道工具類も日本では買えない物なんかをいろいろ置いているので、いつもの血が騒ぐ。

 アルコール等の有機溶剤で調合したものは危険物なので飛行機ではご法度。なので固形のセラックやサンダラックなどの樹脂類を買う。セラックは日本より安かった。そのほか接着用のニカワや上等なミニ鬼目ヤスリ...etc。
 残念だったのは、いつも苦労するローズウッドとかの導管目止めが簡単に出来る特別なセラックニスを買えなかったこと。アルコールで調合してあったからだ。一応、配合成分を聞いたのでまたトライしてみよう。


craftm_PD_finish.jpg
posted by nara_craftm at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。