2006年08月16日

清水あずささんの教会コンサート

 ジャンピエールさん宅のある一帯は閑静な住宅街で、絵本に出てくるようなかわいい家が多くてデザインも多種多様だった。
さて、帰りはさすがにバスでヴェルサイユ駅へ。駅は観光客でごった返していた。みんな切符を買うのに並んでいるのだ。
くだんの「入場券付き往復切符」、ここでも活躍した。もちろん並ぶことなくすんなりと電車に乗り込むことが出来た。もし並んでいたら清水さんのコンサートに間に合わなかったかもしれない。

 清水あずささんもブーシェギターのオーナーだ。年代の古いギターなので指板部が歪んだりして多少弾きにくいそうなのだが、彼女はあえて手を入れずにそのまま使っている。
会場は町の小さな教会、ギターソロのコンサートとしてはほどよい大きさだ。整然と並べられた飴色の教会様式の長椅子(オーク)に腰掛ける。

 おしゃれなプログラムだった。
折しも日本では桜の季節、コンサートは「桜変奏曲」から始まる。そして、当地パリで活躍したドビュッシーの「ケークウォーク」で幕が閉じるまでの間、すべてバッハの曲を聞くことができた。確かな技術で力強く、また繊細に奏でられた音たち天井から降りそそぐようだった。

 終了後、清水さんも交えてみんなで中華レストランへということになった。そういえば昨日も中華だったけどまあいいか。ちょっとベトナム系かなという意見も聞きながら、昨日とは違うメニューをおいしくいただいた。

craftm_PD_scon1.jpg craftm_PD_scon2.jpg

左 : 教会内部
右 : オークの長椅子(トレーを引き出したところ、肘掛部の透かしは十字架、後席者用に本などの収納付き)


posted by nara_craftm at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22426153

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。