2006年08月17日

リベルト・プラナスさんの工房/交流会

 昨年5月茨城県八郷でのギター製作コンテストで審査員として来日されたリベルト・プラナスさんはモンマルトルにお住まいだった。自身ギター製作家でまた著名な奏者でもある。スペインの民族色満点の演奏はプラナスさんだけのものと思う。工房には何人かの若い人が弦楽器製作を習っていて、作りかけの作品が吊ってあった。ギター、バイオリン、リュート、チャランゴ・・・。我々のお目当ては修理中の初期のロベール・ブーシェ。それは極めてめずらしい3枚はぎのチェリー(自分には樺に見えたが)のモデルだった。ブーシェさんも最初は苦労したんだろう。

 工房見学の後はお待ちかねの交流会。プラナスさんご夫妻の他3名の若い生徒さんたちも参加した。こちらはグロンドーナさんと日本人6名、さらに別途パリに来られているギタリストの北口功さんもいっしょだ。
 シャンパンで乾杯したあとは奥様が昨日から準備された手作り料理をいただく。いずれもワインにピッタリのメニューが並ぶ。その中にどーんと鱒鮨が鎮座。紹介が遅れたがプラナスさんの奥様は日本人でトモコさんとおっしゃる(写真)。

 さて、生徒さんたちと私たちは楽器作りの話題で当然盛り上がった。共通言語は英語しかないのだがこの英語もお互いに相当怪しい。どちらも必死で説明するのだがなかなか通じない。そのやりとりを見ていると涙が出るほどおかしい。でも解かりあえたときは「やったァ」。何事にも真剣な福田君のパフォーマンスが秀逸だった。

 11時も過ぎて宴もたけなわというころ、松村さんが「丸山さん、ギターを持っておいでよ」と云った。それは極めて絶妙なタイミングだった。この一言で朝からゴルフコースを2ラウンドするほどケースをぶらさげて歩いてよかったと思うことが起きる。ひょっとするとブーシェさんの思し召しだったかもしれない。

 いそいそとギターを持ってきてケースから取り出す。するとここはギター関係者の集まり、場の空気がさっと変わった。まずプラナスさんが手にとってあらゆる方向からチェックを入れてくれた(写真)。そして一曲弾いてくださった。まず感動。
 そして北口功先生やあのステファノ・グロンドーナさんまで曲を通して弾いて下さったのだ。これは間違いなく大スクープ、すごいことが今起こっている!あわててビデオカメラを回した。よくぞカメラをバッグに入れてきたことよ。

 私のギターを皮切りに、福田君のギター、松本君のギターと続く。
ひとりのギタリストが複数のギターを弾くCDやコンサートはよくあるが、複数の人が複数のギターを弾く珍しいライブコンサートが行われた。3人の駆け出しのギター作家にとっては最高のひととき。日本からギターを連れてきてよかった。そしてこの場を見事に演出してくださった松村さんに感謝します。

 「私のギター、いかがでしたか?」なんてこちらからプロギタリストに聞くのはあまり感心しない事とされる。製作者本人が感じ取らなければならないことだ。
でも帰り道で北口先生が、「丸山さんのギターは、弾きこなしてやろうと思わせるね」みたいなことを言ってくれた。

 宿までは深夜のモンマルトルをみんなでウォーキングした。これが一番安全なのだと思いながら。

craftm_PD_Bou.jpg craftm_PD_atPla.jpg craftm_PD_Pla.jpg craftm_PD_atPla2.jpg craftm_IK_w_061.jpg

修理中のブーシェギター 、 北口先生・トモコさん・私 、ギターをチェックするプラナスさん 、私のギターを弾くグロンドーナさんと北口さん

posted by nara_craftm at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。