2006年08月17日

ギターを機内に持ち込みたい

 完成したばかりのギターをパリで弾いてもらうのも今回の大きな目的。私のほかに製作家の福田君と、松本君も持ってきていた。
飛行機の荷物室へは無条件に入れてくれるのだが、スーツケースと同じように扱われると思うと大いに心配だ。

 ここで今回の引率教官、海外経験豊富なギター製作30年の松村さんにまずお世話になる。彼の搭乗受付嬢との交渉によって、なんとか「機内担当に任せます」ということになった。
そして機内入口で我々のギターケースを見た乗務員、なんとファーストクラスの一角に納めてくれた。めでたしめでたし。
ボーイング777という大きな飛行機だったということも幸いした。

とくとく情報 円をユーロに換金するときは、泉州銀行や紀陽銀行なら1ユーロで2.5円から3円お得です。
詳細は銀行のHPを。

posted by nara_craftm at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22445397

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。