2006年08月16日

清水あずささんの教会コンサート

 ジャンピエールさん宅のある一帯は閑静な住宅街で、絵本に出てくるようなかわいい家が多くてデザインも多種多様だった。
さて、帰りはさすがにバスでヴェルサイユ駅へ。駅は観光客でごった返していた。みんな切符を買うのに並んでいるのだ。
くだんの「入場券付き往復切符」、ここでも活躍した。もちろん並ぶことなくすんなりと電車に乗り込むことが出来た。もし並んでいたら清水さんのコンサートに間に合わなかったかもしれない。

 清水あずささんもブーシェギターのオーナーだ。年代の古いギターなので指板部が歪んだりして多少弾きにくいそうなのだが、彼女はあえて手を入れずにそのまま使っている。
会場は町の小さな教会、ギターソロのコンサートとしてはほどよい大きさだ。整然と並べられた飴色の教会様式の長椅子(オーク)に腰掛ける。

 おしゃれなプログラムだった。
折しも日本では桜の季節、コンサートは「桜変奏曲」から始まる。そして、当地パリで活躍したドビュッシーの「ケークウォーク」で幕が閉じるまでの間、すべてバッハの曲を聞くことができた。確かな技術で力強く、また繊細に奏でられた音たち天井から降りそそぐようだった。

 終了後、清水さんも交えてみんなで中華レストランへということになった。そういえば昨日も中華だったけどまあいいか。ちょっとベトナム系かなという意見も聞きながら、昨日とは違うメニューをおいしくいただいた。

craftm_PD_scon1.jpg craftm_PD_scon2.jpg

左 : 教会内部
右 : オークの長椅子(トレーを引き出したところ、肘掛部の透かしは十字架、後席者用に本などの収納付き)


posted by nara_craftm at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリの塗料屋さんでニスを買う

 パリ南東部にちょっとした木工の町がある。塗料屋さんも何軒かみかけた。
我々が松村さんに連れて行かれたのは「Specialites pour Ebenistes」というお店。木質用の塗料なら家の内外装用から家具、バイオリンやギター用まで何でもある。日本ではまず見かけない。塗料だけではなく英語で言うところの”Finishing(仕上げ工程)”用の道工具類も日本では買えない物なんかをいろいろ置いているので、いつもの血が騒ぐ。

 アルコール等の有機溶剤で調合したものは危険物なので飛行機ではご法度。なので固形のセラックやサンダラックなどの樹脂類を買う。セラックは日本より安かった。そのほか接着用のニカワや上等なミニ鬼目ヤスリ...etc。
 残念だったのは、いつも苦労するローズウッドとかの導管目止めが簡単に出来る特別なセラックニスを買えなかったこと。アルコールで調合してあったからだ。一応、配合成分を聞いたのでまたトライしてみよう。


craftm_PD_finish.jpg
posted by nara_craftm at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーブルは大衆の美術館

 紙袋いっぱい買ったニス類は一旦ホテルに持って帰って、さあいよいよルーブル美術館へくりだす。

 メトロでオペラ駅へ。せっかくなのでそこからルーブルまで歩いた。ヴェルサイユよりはシンプルめのデザインだが、こちらのほうが大きくて長〜い。中庭にあるガラス張りピラミッドから入る。ウイークデーの午後、ほとんど待ち時間なし入館できた。帰りの時刻と待ち合わせ場所を決めてそれぞれ別行動とした。

 日本語の館内地図をたよりにまずはモナリザをめざした。教科書やテレビで見た絵画が次々と目の前に現れる。それらは全てむき出しで壁にかけてある。柵もない。触ろうと思えば触れるし不謹慎だがイタズラも可能だ。この状態でずっと問題がないということに驚く。このへんがフランス人のよいところなのかも。

 モナリザに辿り着くまで腹いっぱいになった。作品はどれもこれも有名で素晴らしいのだろうが、むちゃくちゃ多すぎる。この美術館は目的を絞ってそれ以外は全く無視しないと何を見に来たのかわからなくなる。極端にいえば一生かけて見に来てもまだ足りないかも知れない。
 
 モナリザだけはガラスケースの中に納まっていた。実物を見ると”生身の人”を感じた。これが目の前にあるという現実が信じられない。彼女はいったい何人の人に見つめられたのだろう。ガラスケースの中は独立して空調されているそうだ。そういえば”ナポレオンの戴冠式”も”民衆を導くジャンヌダルク”もむき出しではあるが、絵の表面は何か分厚いものでコーティングされていたように思う。

 あとはもっぱら家具や工芸品の展示を見て歩いた。竪琴みたいな背もたれと丸くて細い脚と貫きがエレガントな椅子がなかなか良かった。マホガニーやローズウッドを贅沢に使ったクラヴィーア(ピアノの前身)も見事な作品だった。リュートやバロックギターが描かれている絵ばかり見ていたが、今回はルーベンスの絵に最もすごさを感じた。


craftm_PD_LV11.jpg
 
posted by nara_craftm at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凱旋門は遠くて大きかった

 閉館ぎりぎりまでいたルーブルを後にしてそのまま凱旋門へ。
広い公園の広いみちをいく。すでに正面に凱旋門がこちらを向いている。あそこまで数Kmあるはずなのにもう大きさを感じる。
巨大な忠魂碑みたいなのがビューッと立っているコンコルド広場を抜けるとシャンゼリゼ通り。左手にアンヴァリッドのドームも見える。
マロニエがまだ裸なのが残念だが十分雰囲気はある。若者と外人が多い通りだ。ダニエル・ビダルのあの歌を思い出す。そういえば南沙織もカバーしてたなあと自分に話す。

 「歩いていくことに価値があるんだよね」と3人で言い合いながらも足取りは決して軽くない。ちょうどカフェの前を通りかかったので迷わず中へ。ここはシャンゼリゼ、テラスはちと高そうなので中のテーブルで生ビール。こんなときのビールはガソリンの役目もして格別だ。期待どおり体中にしみわたった。しかし2杯目は辛抱して目的地に向かった。

 高さも横幅もほぼ50mという凱旋門はやはり大きかった。今調べるとナポレオンの提案で1806年から30年かけて造られたそうな。8ユーロ払って屋上へ。でもエレベータではなく螺旋階段で垂直に登る。下を見ても上を見ても目が回った。それより脚がもうアカン。福田君の「これを登ればいいギターが作れるんです」というのも若干効いて遂に登頂。

 そこからは鳥瞰図を見るようにパリ市内が見渡せた。エッフェル塔はしょうがないとしても、唯一円柱の高層ビルが1つだけここより高いのが残念。12本あるという道路が真下で交わる。京都や奈良の条里制に慣れている自分にはこれに代表される欧州の放射道路の意味が理解しがたい。
 ヴェルサイユの方向にあるほんのちょっとの膨らみぐらいは無視すると360度地平線なので、地表からすぐに雲が浮かんでいるように見える。
 
 昔はブドウ畑だったというモンマルトルのこんもりとした丘とそこにある白一色の家波の過密さが、その真ん中にあるたまねぎの様なサクレクールとともに何故か後光が差しているようでいちばん美しく印象に残った。



posted by nara_craftm at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局からの日本発送はお得

 例の塗料屋さんで買ったニスやニカワ類はかさばるうえに重い。そう、スーツケースの重さが20Kgを越えると高〜い超過料金をとられる。
この状況は全員同じなので日本へ発送することにした。

 パリにも日本の宅配会社があるがそれよりフランス版「ゆうパック」がお得ということを松村さんがご存知だった。まず郵便局に行ってパッキンケースを買う。50ユーロ(より安かったかも?忘れました...)ほどでいちばん大きな箱を買う。A3大程度の大きさで深さは20cmぐらい。これで少なくとも7KgまでOK(それ以上は郵便局員の裁量による)。箱は組み立て式で封印用の両面テープも貼ってある。これにニスやら洗濯物やらをいっぱい詰め込んでまた郵便局へ。送り先の住所や内容物を所定の用紙に書けばそれでおしまい。
ちなみにワイン専用のケースもある。フランスらしい。

 【後日談】 
  帰国後すぐに日本の郵便局から無事宅配されてきた。ちょっと感心した。なおパッキンケースは開けた形跡がなかった。ということは、、、、



 
posted by nara_craftm at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。