2006年08月16日

ど肝抜くグライスナー楽器用材店

 この日の宿はエアランゲン市のホテル・ルイーズ。ニュルンベルグから電車で10分程度。自宅からネットで予約できた。便利になったものだ。

 あくる朝、いよいよタクシーでグライスナーさんの楽器用材店へ向かう。タクシードライバー(ご婦人)と会話の練習をしながら15分ぐらいで到着。その間カーラジオでブラームスの交響曲一番が鳴っていたが、ドライバーは 『ブラームスのイチバン? シリマセン』。

 グライスナー材料店は何年か前に松村さんが単独で開拓された材料屋さんで、三代続く老舗だ。弦楽器の特に表面板(スプルース材)を主に扱っていて品質には定評がある。到着するや否やご家族で我々を歓待してくれた。

 工場の前には直径1m以上の見事な丸太が立てて置いてあった。今回は我々のためにこの丸太を挽いてくれていたのだ。その数、約1000セットぶん!

 まだ手つかずの材料の山の中から、一番最初に自由に選ばせてくれるというのは少なくとも私には通常あり得ないことで、普段は世界的な製作家とか大量に買い付けるバイヤーだけの特権となっている。今回は松村さんのいろいろな御尽力によってこれが実現したわけだ。

 とにかくものすごい量に圧倒される。ギターよりバイオリン属の材料のほうが多い。おそらく何十万セットもの「宝の山」。まさに自然の恵みだ。酸性雨のためにドイツの有名なあの「黒い森」はもちろんヨーロッパじゅうの森が危機的で、とりわけ楽器に使うトウヒ(スプルースのこと)の被害が甚大の由。最近の国際間の取り決めや環境先進国の人々の意識の高まりでブレーキがかかりつつあるそうだが、依然として進行している。
 ギターでは最高とされる「ドイツ松(ジャーマンスプルース)」の良材は非常に残念なことに既に枯渇したと云ってよい。最近はヨーロッピアンプルースと称してヨーロッパ東部地域産のものが主流である。グライスナーさんところも同様であった。

 さて、膨大な山の中から5名の材料選びが始まった。一枚ずつ木目、堅さ、艶、音で判断するが、何を重要視するかは各自でちょっと個性があったようだ。
私の感じでは、まず90%以上の材料がこれまで自分が作ってきた材料並み以上と思われた。そのうち半分近くは明らかに優れていて、さらに20にひとつぐらいの割合で「とびきりクラス」に遭遇することができた。それは、原木をスライスして間もないのに既に乾いた良い音を響かせるので驚いた。楽器に使えるまで少なくとも3〜5年は自然乾燥しなければならないが、そのときがもう待ち遠しくなった。

 今回は松村さんの呼びかけで製作家30名以上からの購入依頼があった。そのおかげで数量がまとまったのでグライスナーさんが特別な計らいをしてくれたということである。自分も4人ぶんの材料を選ばせていただいた。こんなチャンスはこの先もなかなか無いと思われる。

 グライスナーさんが『お昼にしましょう』と優しく声をかけてくれたが、皆ないっこうにやめようとはしない。しばらくして業を煮やしたのか『私はもう腹がペコペコだ。空腹ではいい仕事が出来ないヨ!』。その声で昼食となった。
 田園地帯をグライスナーさんのBMWで走る。この地方の名産はなんと「コイ(鯉)」なんだそうで、養殖池が散見された。そこでランチは「コイのフライ」。30cmぐらいの魚をチキンナゲット風に丸揚げしたような感じだった。骨の間にフォークを突き刺して身をこそげ取るんだよと教えてくれた。豪快だが極めて美味で満腹になる。ビールの旨かったこと。

 午後は表面板以外の材料選び。横/裏板(ローズウッド、メープル)、指板(黒檀)、ネック材などを選び出す。どれも一級品だった。
そして大きなパッキンケースに詰め込んで(10箱)厳重に梱包。『隙間があるといけないのでその辺の木でも詰めておきなさいと』とグライスナーさん。その辺の木とはギターのブレイシング(力木)に使う材料のことだったので喜んで詰めさせていただいた。

 その日のうちに事務所で清算を済ませた。息子で経営者のシュテファン・グライスナーさん(下の写真の赤いセーターの長身)に名刺を渡すと、さっそくその場で私のホームページを見てくれて、いろいろ話しが盛り上がった。グライスナーさんご一家は英語も非常に堪能でいらっしゃる。

 『また必ず来ます』とか『ネットでまた注文しますね』とか云って、車で送っていただいたエアランゲン駅でお別れした。

craftm_gl1.jpg craftm_gl2.jpg craftm_gl3.jpg  craftm_gl4.jpg craftm_PD_gl5.jpg
posted by nara_craftm at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHホテルは☆☆☆☆

そのままエアランゲン駅でミュンヘン空港までのICEの特急券と乗車券を買う。そこは日本の「みどりの窓口」に似ていた。ちょっと並んでから係りの女性にその旨告げると、『英語では対応できません。隣へ行きなさい』。で、また並んで隣の男性の係員に対応してもらった。

 帰りのミュンヘン中央駅。今度はゆっくりとおいしいソーセージとビールをいただいた。嬉しいことに「喫煙コーナー」というケチなものはなく、まことにおおらかに一服することもできた。

 今夜のお宿はヨーロッパじゅうに展開するNHホテルのミュンヘン・エアポートホテル。空港からタクシーでワンメーターだ。なにせ明日の朝が早いのでなるべく空港に近いところということで、こちらもネットで予約した。ちなみに☆☆☆☆なのにツインで一泊89ユーロと嬉しい価格。ただしネットで予約確認した時点でカードから料金が支払われる。キャンセルしても払い戻しはないので注意。

 さすがに立派な部屋だった。バスルームも大きくてゆったり。西洋人よりちょっと小さめの我々にとってはありがたいことである。1階にはバーもあったが時間が時間だし明日は6時起きなのでまた今度ということにした。


posted by nara_craftm at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本へ

早朝6:30、NHホテルのバスでミュンヘン空港へ。日本へはパリ近郊シャルル・ド・ゴール空港で乗り継いで帰ることになる。
ということは、荷物はミュンヘンで預けると関空までおまかせとなる。さて懸案のギター、パリまでは小型のジェットということもあってやはり機内持ち込みはできなかった。しかもスーツケースと同じようにベルトコンベアで運ばれていった。心配だなあ関空まで。
 なお、スーツケースはシビアーに重量チェックされる。あやうく19.5Kgでパスしたが、20Kgをオーバーして中身を取り出す姿が散見された。

 ド・ゴール空港ではちょっと時間があったので、免税店とかいろいろ散策することができた。出色はやはりワイン。すごい種類だ。免税とはいえ目が飛び出るほど高いのもある。パリ市内ですでにボルドーを買ってあったので見るだけにしておいた。
 一応家内にメールで「おみやげは?」と聞くと、特に要らないようだったので安心してスタンドバーでビールを飲んだ。
 ちなみに、ケータイはvodafoneの3Dタイプ。今回の旅行では大活躍だった。国内外を意識しないで通話もメールもできる。パリはもちろん、ドイツの田舎でも圏外になることはなかった。

 ガラス壁の国際線出発ロビーは50ぐらいの搭乗口がある。フランスだけあってアフリカ諸国への便が多い。さてここでまたトラブル。
みんなで今までのデジカメ写真を見てワイワイやっていたところ、ふと気が付くとあたりに誰も人がいないではないか! と、そのとき親切な人が「搭乗口が変更されたようですよ」といってくれた。

 CRTなどの表示器は何も告げていないし、のべつしゃべっているアナウンスは気にしてなかったし、聞き分ける能力もない。
変更されたゲートに行ってみると、いるいる日本人が。それもコテコテの関西弁が聞こえる。「これやもんなぁ、フランスは」とか「ストライキらしいで」とか。なるほどストライキか。CRT表示が更新されない理由がわかった。案の定出発も小一時間遅れた。
 遅れるぐらいは気にしない。安全さえ確保されればと思った。

 往復ともJALとエール・フランスの共同運航便だった。機体はエール・フランスのエアバス。日本人の乗務員が少なくとも一人はいるのですごく助かった。でもフランス人乗務員さんもいるほうがいい。
 機内ではとうとう一睡もせずに小さなワインボトルを何度もおかわりしていた。機内食もまあまあだったが、カップラーメンがなんともおいしかった。

 帰りは行きと違って北京やソウル上空を飛んで西から関空へ。そして無事着陸。ああやれやれ。

 入国のチェックは思ったより簡単というか、パスポートを見せるだけだったのでちょっと気が抜けた感じ。
コンベアでスーツケースがきた。しかしギターケースがいっこうに来ない。ちょっとおかしいかなと思ったとき、係員さんが手に携えて持ってきてくれた。「ありがとうございます」と受け取るや否や、中をチェック。よかったどうもなかった。
posted by nara_craftm at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。